07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 俺の人生どんぞこですから...(遠い目)36 | main | 俺の人生どんぞこですから...(遠い目)38 >>

俺の人生どんぞこですから...(遠い目)37

俺の人生どんぞこですから...(遠い目)36 の続きです!

 

とにかくA子さん(仮名)を満足させなければ…

C子さん(仮名)やB子さん(仮名)に危害が及ぶのだと…!

「そんなこと」を考えてしまうだけで俺は…

A子さんと「している」事実は認識しないようにしていた…

A子さんだと思うだけでイラついてしまうし

屈辱的な感情がわきあがってしまうから…!!!

だが。。。A子さんは下品な言葉を言い始めた。

そして。。。

『もっと… もっと して…』

と あえぐように言う。。。!

ヤバイ・・・コイツを黙らせなければ…と俺は思う!

俺の…男の中の本能が目覚めたら…

A子さんに欲情してしまうコトになるっ・・・!!!

『いろいろ…うるさいんだよ…!』

俺はそう言った・・・

それは俺の本音だった。

俺に抱かれたいがために狂気となるA子さんを…

その邪悪さを俺は…許せなかった!

同時に…「こんなこと」をやらなければならない自分にも

腹が立つし・・・悲しい。。。。!!!

そうなんだ…俺は・・・

「こうする」しか解決策が無いという現実に…

涙が出そうになるっ!

悔しくて・・・悔しくて…!!!!!

 

なんとか二度目のアクメに到達していくA子さんの…

その表情と そのしぐさを…

しっかり見学するのが俺の復讐心でもあり・・・

一種の気晴らしでもあった。。。!

 

俺は絶対に「出さない」という状況で終えるので苦痛しかない!!!

体内の「気」をコントロールして性的な衝動を押さえ込むと

なんとか平静をとりもどして・・・!!!

 

少し汗ばんだのでシャワーを浴びたくなってくるけど

A子さんの前で全裸になるのが耐え難い苦痛なので

俺は…さっさと帰る事にするが・・・

A子さんは 俺と遊びたがった・・・!

 

『ねえ…パチンコしてみましょうよ?』

『面白いわよ きっと!

 謎追い人クンは もっと遊びを知るべきよ…』

などと 言い出すのであるっ!(汗)

 

俺は…パチンコがどうたらというよりも

A子さんの考え方にムカっとくるのであるっ!!

世の中には いろんなレジャーがあるというのに

どうしてパチンコをやりましょうとか

面白いわよとか 言うのだろうか????

無駄なカネは使いたくないし、パチンコ自体が嫌いな俺だけど…

生理中の女性は特にヒステリックになると聞いたコトがあるし

再びA子さんと押し問答をするのも「うんざり」なので

俺は黙り込んでしまった。

俺はとにかく…

A子さんと会話する事…そのものに耐え切れなかった!

 

どう考えても俺は・・・

A子さんにとっての「遊び道具」でしかないだろう…!

あきれば捨てる!…っていう程度の感覚でいるに違いないし

単なるストレス解消かもしれない・・・!

・・・・そう考えると気分が嫌な方向へと侵食され始める…!

 

今の俺はA子さんの「言いなり」だった!

A子さんの「誰かを殺す!」という言葉に・・・

黙って従うだけの状態だった・・・・!

さっさと俺に厭きてくれればいいのにと・・・

そう願うばかりであった!・・・マジで!!!

 

俺は食欲もあまり無くて…

だから あまり食べなかったのかもしれない…

A子さんは そんな俺を心配しているのか????

焼肉か寿司屋に連れて行ってくれることが多かった…

 

A子さんと焼肉…っていうか…

その当時の俺も焼肉というか肉を食べたかったのかもしれない...

A子さんは パチンコ店のすぐ近くで食べましょうといって

俺をタクシーに押し込むと。。。

タクシーの中であるにもかかわらず・・・

俺とキスしたがるので困惑してしまう・・・っ!

 

とにかく俺は 嫌で嫌で・・・!

だが…昨日のコトもあったので黙っていた。

今のトコはキスだけで済んだけど・・・

「これから」どうなるのか理解不能っていうのもあって…

A子さんの異常さに 疲れ果てていく自分に付き合うしかなかった…!

 

とにかくA子さんは人前で「何か」をやりたがるのであるっ!

俺が拒否ると怒り出すという連続技でくるので

結局言いなりになるしかなかった・・・

 

愛しているかのようにキスをして・・・

愛しているかのように抱きしめて・・・

そんな日常が・・・繰り返されちまうのだが・・・!!!

 

誰かに危害を加えるよりはいいのだと…

俺はそう自分を説得してA子さんと行動をともにすることを選らぶしかなかった!

・・・・・そう行動するしか方法が無かった・・・・!

 

さて…

資金が底をついていた俺は 社長から受け取ったカネを

どうしようかと考えていたのだけど・・・・

どういう理由だったか忘れたが

A子さんに貸す事になっちまったのであるっ・・・!

 

その後・・・

俺の人生どんぞこですから...(遠い目)38へ続きます!

 

 

 

JUGEMテーマ:お知らせ

| 過去とか… | 16:34 | - | - |

スポンサーサイト

| - | 16:34 | - | - |