07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
<< 俺の人生どんぞこですから...(遠い目)31 | main | 俺の人生どんぞこですから...(遠い目)33 >>

俺の人生どんぞこですから...(遠い目)32

俺の人生どんぞこですから...(遠い目)31

の続きです!

 

俺は…読書量なら誰にも負けない!…ってくらい読んできたけど…
だが…世に存在する本になど…何の意味も無い!(←軽蔑)
…と…確信できるほど…俺は…現実として

『追い詰められている』!

そのへんの小説だの…格闘マンガだの…
いろんな純愛という物語だの…
感動できるストーリーだの…に何の意味があるのか!?

妄想で語る愛だの恋だの…
人情味豊かという言葉だの…
いろんな物語…そんな「ウソ」だの妄想を土台にしたような…
そんなモンには何の意味も無い事実!

…現実の状況を受け入れて最善を尽くす!
そのために…俺は考え続けるしかないけど…
だが…
いくら考えようとしても対策すら浮かばない…!
ようするに…
今まで読んできた本など…無意味であったという…
そういう事実と現実を思い知る現在の状況…!

人間は…読書ではなく妄想でも空想でもなく…
自分自身の経験と実力で生き抜くことが可能だと…
それを理解して受け入れるとしても…
現実というもの…
過酷という言葉…!

そんなふうに1秒ごとに悩みが増えていくというような…
現実の厳しさと…醜い人間の感情や憎悪を知って…
どう対処すればいいのか…と…

実際の俺の過去の体験を書いている!
こういう俺の実体験を読むことによって…
ココを読むキミが現実の積み重なる問題を
解決できることを願っている!(力説!)

現状では…世の中に出ている専門書になど
何の意味も無い事実なのだから…!(涙)

メインタイトルは…
『自殺を考えてしまう前に…俺と話しませんか…』

      -謎追い人-


A子さんから受け取った封筒…現金が入っているのだろうと予測できるが…
俺は中身を見ることはしなかった…!
A子さんは どうでも俺に…今まで着ているシャツとか…
俺の服を捨てることを強制してきている!

A子さん
『今持っている そのカバンも趣味がわるいわよ?』

などと…
A子さんはクスクス笑いながら…上機嫌だった!

A子さんは
『今からなら買いに行けるかもしれないから…』
と言って…
俺のボロボロのシャツの替わりを買うことになった…!
「らぶほてる」は次回になるのだろう…!
などと俺は…勝手に思い込んだんだけど…

そんなワケないのがA子さんである…遠い目…

A子さんは…
さらり…と 建物の影に滑り込んでいった…
俺は…気にせずA子さんに続いて建物の影に入っていくと…
そこはすでに「らぶほてる」であった!(泣)

え? もう???←困惑

俺が考えているような建物ではなく…
まったく…ぜんっぜん「気づけない」ような…
そんなに「目立たない」つくりになっており…
まったく気づけずに「らぶほてる」の中に入ってしまった自分に…
俺は…ショックを隠せなかった!

ようするに…都会という場所では駐車場が無いのは当然であって…
「らぶほてる」といえど…
入り口が狭いっていうか…
どういう建物なのかも理解不能!(汗)

A子さんと…
すでに「らぶほてる」のエレベーターに乗っている事実!

俺自身は…まったく…
精神的に…あっち(?)へ行ったり…
こっち(どっち…謎)で悩んだり…と…
A子さんの言動に振り回されるばかりであって…

そう…
エレベーターが停止して…もう…当然というように…
すでに室内に直結していくのであるっ(涙)

A子さんは 
すたすたと歩いて…慣れている様子だった…

俺は…つい『分析グセ』で周囲の壁とか柱…とか…
見学してしまう…(汗)

このまま…なんか…
毎回『同じパターン』だなー…と…
ため息しか出ないけど…

俺は自分の服装が…
学生って言う状況で…ですよ?(汗)
もう…なんか…世の中って
もっと…学生に「やさしい」環境であるべきではっ(泣)
…と 何かに対して文句とか不満を述べているような…
心の声かもしれない…

A子さんは さっさと部屋のドアの前に立って…

A子さん
『さ…早くして?』 

とにかくA子さんは忙しいのである!
エレベーターの中でも やたら俺の下半身をさすってくるし(マジで吐き気)
そんなに…何が「したい」のかが不明っていうか…

俺としては…

A子さんの行動…理解を超えているので意味不明というか…

実際に…俺は…
A子さんのことを誰かに語ることができるようになったのは
かなり後になってからです!
だが…誰かに俺の状況を説明しようとしても…
まったく理解できないだろう!

男が女に誘われたら「うれしい」のが普通だとか…
そういう理論しか世の中には存在していない!

女性から服を脱いできたら男性としては受け入れて当然とか…
「それ」が 正しいかのように描かれるだろう!←軽蔑

どっかの雑誌でもマスコミでも…
エロい内容が氾濫している!
だから…?

A子さんは…
俺がドアを閉める前に俺に抱きついてきた!

でも… 当然ですけど…俺の願いはシャワーを浴びて逃げたいっ(泣)
それしかないっ!(←心の叫び)

いい加減 自分でも度胸を決めろよ…とか?
そう思うだろうか?
だが…

ココを読むキミは…毎回毎回 
し尿や大便がつまった「汲み取り式」の便所に
自分から入ることを望むだろうか?
「肥溜め」に 頭まで すっかり沈んで20数えろ!
…という実技を行えるだろうか?

俺にとっては…
汲み取り式の便所に入るほうが 
ずっと楽な実技といえる!←マジですよ!

そのくらい…
A子さんとの行為…
「らぶほてる」に入るという現状…!

苦痛を通り越して…
まさに心身ともに…絶望というか…吐き気!
その状況との…自分の中の苦悶との格闘…!!!!

A子さんは上機嫌だったが…
この人はシャワーを浴びないっていうか…
ご自分はキレイと「思い込んでいる」のだろう!←(泣)

とにかく…
女性が男性に「迫る」ことは男児にとっても「喜ばしい」と
思い込んでいる!

俺には迷惑と吐き気しかないんですけど…遠い目

現実に…
俺の現状としては…
さっき…っていうか焼肉を食べる前にタクシーの中で
A子さんに舐められたりした「部分」の感覚が…
気色悪すぎて「吐きそう」であり…
なんか…A子さんの唾液がにおってきそうで…耐えがたい苦痛と…
俺の精神は格闘しているのに…(マジですよ!)

だいたい…
俺は…誰かの使ったストローなど使えない性格ですよっ(泣)
いわゆる…誰かの飲んだ缶ジュースを拭かずに飲むなど…
絶対にできないっ…(泣)
気色悪くて…という性格であるにもかかわらず…
すでに…A子さんには あちこち「なぶられて」おり…
まさに…その現実がキツイ!

とか 言っているとしても…誰にも理解されないのが事実だろう…

A子さんはスカートをたくし上げると…

A子さん
『ね…早く…』

なにが「早く」なのでしょうか…(汗)

謎追い人
『すみません…あの…
 シャワーを浴びたいのですけど…(汗)』

と… やっとこ言ったけど…
A子さんは 
「なんで?」という雰囲気であるっ←いい加減にしてください!(泣)

謎追い人
『えー…っと 今日は学校でも…汗をたくさんかいた…ので…』

なんとか…しどろもどろになって…
…でも…よく考えたら…
ココでシャワーを浴びたとしても…
A子さんと『行為』をすれば…もう一度シャワーを浴びる事になるんだし…

などと 0.3秒の思考で考えるけど…
A子さんは…
『どうして?』

ようするに…A子さんの理論としては…
男は女性の『体臭』が大好きだと勘違いしているのであるっ←大声
でもって…
A子さんは 俺の体臭が大好きっていうか…←(泣)

A子さん
『シャワーを浴びたら謎追い人クンの「におい」が消えちゃうわ?』
と すねているのであるが…

好きな人が『そんなこと』を言ったら…
マジで俺も興奮するのかもしれないが…(謎)
いえいえ…
当時の俺は…「そういうの」完全にダメですっ←号泣
もう… いい加減に逃げたいっていう…
そういう感情しか…(泣)

逃げたいけど 逃げられないっ!

謎追い人
『シャワーを浴びてきます!』

そう言ってシャワールームに入ろうとしたら…
なんと ガラス張りで…
外から丸見え!←ぼうぜん!

A子さんは…あきれたように言う

『まだわからないの?
私は 謎追い人クンの匂いが好きなのよ!』

やめて!その理論(泣)
いい加減…俺から離れて(涙)

マジで気が遠くなってくる!

気色悪くて吐き気がしてくる…!!!
だが…A子さんは勘違いしている!

ようするに…そういうの!
A子さんの語る「一般論」が俺には耐えがたい苦痛!

A子さんとキスするとしても…
A子さんの唾液だのを「懸命にこらえながら」であり…
常時吐き気との戦い!(泣)
これなら…
ゴキブリの入ったカレーを食うとか…
そっち系に挑戦するほうが…と…比較対象を探してみたりする!
俺の頭脳はフル回転で…
A子さんとのキスよりも気色悪いものを探し続けていた!

一生懸命「A子さんよりも気色悪いもの」を
思い起こそうとするが…
考え出そうとするが…
妄想でもいい!
なにか 無いのかぁぁあああ! ぐふっ!

なんか無いのか?
なにか…
A子さんよりも
気色悪いもの
が…っ!(心の叫び)

俺の脳裏は格闘している!
この回転速度が日本最速の俺の頭脳(謎)ならば…
何かを考え出すことが可能かもしれないっ!(汗)

だが…無常にも…
俺の頭脳には 何もひらめかなかったっ…(涙)

気色悪さが最大値(当社比)というような…
いくら我慢しても ぜえんぜん慣れないっっ!
A子さんとの『ディーブ・キス』をしながら…
俺は…殺虫剤で殺してしまった虫の怨霊が…とか…
違うことを考えようとして…努力した!
この現状の苦痛から…何とか逃げたいと…
そう願い続けるが…

A子さんは さらに高いハードルを準備していた!

A子さん
『ね…なめて?』


はぁああああ!?

は…吐きそう…
マジで…これは…ヤバイと…思う前に…俺は…

だが…A子さんは…
ご自分の「思い込み」で突き進んでくるのである←吐き気


逃げたいけど…今逃げたら…?

B子さんやC子さんの事を考えると『逃げるわけにはいかない』!
…と俺は結論する!

耐えられるだろうか…?

A子さんは 
まったく洗ってない「自分の性器」を
俺に「なめさせようとしている」のである!

いまだかつて…これほどまでの「拷問」と感じる強制があっただろうか…

と…
せめて…シャワーを浴びてください…と…
言いたかったけど…

A子さんは 俺の予想に反して…
当然というように言い切った!

A子さん
『あら…男は女の匂いで興奮するものよ?』

マジで????? ←気絶寸z・・・・ ぐふっ…

 逃げるべきだろうか…

逃げられない現実!
A子さんは 当然というようだった…
どうして こんなことが…現実なのか…???

それでも俺は…
なんとかA子さんに納得してほしいと願うのである!

どうでもA子さんの言う事を受け入れなければならない…(泣)
だったら…
せめてA子さんの性器を洗ってほしい!

だから…
だから…
A子さんが「ご自分の性器」を洗う事に合意するように…
俺は0.2秒の思考で結論を出した!

謎追い人
『俺…A子さんと…

A子さんと一緒にシャワー浴びたいです!』

目を閉じて…
床めがけて叫ぶように言った!

A子さんは 俺の突然の大声に驚いた様子だったが…
俺はさらに A子さんの目を見て言った!

謎追い人
『一緒に入りましょう!』

A子さんは ちょっと不満な様子だったけど…
俺は…浴槽にお湯を入れることにした!
どちらにしても
全体がガラス張りの浴室なんだから(汗)
一緒に入っても入らなくても同じだろうっ!←心の叫び

A子さんは 意外にも素直に応じてくれ…
だが…A子さんであるっ←力説!

お湯が溜まるまで楽しみましょう^^…とか言い出した!

謎追い人
『ささ…俺が脱がしましょう^^』

A子さんは 謎追い人クンにしてはサービスがいいわね…?
などと言い出したけど…
俺の本意や真意は まったく理解できない様子だった…
ひっじょーに楽しそうであるが…

ま…なんとかなりそうかにゃ…と…
ホッとしたんだけど…
そこはA子さんである!

一筋縄ではいかない!(マジですよ!)

A子さんは浴室に二人で入ると…
突然言い出した!

A子さん
『じゃ…謎追い人クン オナニーしてみせて?』

…絶句!


やはり 逃げるべきだった…と
壮絶なる後悔をしたのは当然だが…
俺は… 

自分の意思で「そういうこと」をやったことが無い事実!

だから…

謎追い人
『できません!』

と…言った…
A子さんは…

 

  俺の人生どんぞこですから...(遠い目)33

            続きます!

 

 

JUGEMテーマ:持たない暮らし

| 過去とか… | 12:58 | - | - |

スポンサーサイト

| - | 12:58 | - | - |